FXの書籍

| コメント(0)
FXの本を沢山読みましょう。
FXの本は本屋さんに行けば
意外にも沢山あるということが分かります。

しかも本の内容もFXの導入部分か
ら詳しく教えている ものもあれば、
テクニカル指標の読み方が
詳しく載っている場合もあります。

どの本を買って読んでみても
自分の知識になることは間違いありませんので、
FX の本を沢山読んでいきましょう。

FXの本を沢山読むことによって、
知識が増えてきて、勝率も
上がっていくということが見込まれます。

FXの本を読むということは、
最初は専門的すぎて
疲れてしまうかもしれませんが、

取引をしながらFXの本を
同時並行して読むことで
理解が深まり自分の取引に
役に立っていくということは間違いないでしょう。

FXの取引で必要なのは知識だけではないですが、
知識に裏打ちされた取引というのが
勝率をあげるための近道になることもあります。

知識をたくさんつけて取引に活かしていくために、
FXの本を読んでいきましょう。

特にFXでおススメの本が、坂田豊光氏の書籍ですね。
イチオシが「ドル・円・ユーロの正体―市場心理と通貨の興亡」です。
NHKブックスから出ていますので機会があれば是非一度、
読んでみてください!


コメントする

このブログ記事について

このページは、ナンピン太郎が2013年6月13日 16:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「100円台の違和感」です。

次のブログ記事は「メルマガトレード」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.3