FXの失敗パターンとは

| コメント(0)
前回の記事でFXの失敗に関して少し書きましたが、
今回はその失敗のパターンについてもう少し書いてみようと思います。

FXは失敗する人と成功する人に分かれています。
しかし失敗する人には、いくつかの共通した「失敗パターン」というものがあります。
FX初心者に多く見られる失敗には、どんなパターンがあるのでしょうか。

■初心者がずっと初心者のまま?
流行しているFXに興味を持ち、なんとなく始めてみた初心者が、
ずっと初心者のままでいるというパターン。

具体的には、始めてから大分経ったのにどうしても損失が出てしまう、
勝てるはずのチャンスがあるのに見逃しがちになっている・・・
といったパターンです。
この状態がずっと続いていては、いつまでも「脱・ 初心者」することができません。


■自分の取引スタイルを考えられない?
中級?上級者のFXトレーダーは、誰もが自分に合った
「取引スタ イル」というものを持っています。
もしくは、自分の狙い目に合致した取引が出来ていないというパターンも見られます。

たとえばスワップポイントを狙っているのに、
スワップポイントの面で有利なFX業者を選べていないという例があります。
FX業者は複数口座を開設したほうが有利な面もありますから、
この場合 は「スワップ用」の口座を持っておくこともおすすめです。


■ロスカットミス?
初心者にありがちな失敗パターンとして、ロスカットに関するミスがあります。
タイミングを上手くつかめず、思わぬ損失につながってしまうという、
かなり「もったいない」パターンといえます。

まだまだありますが、実は私もこれらに嵌った口ですので、
良く分かります。しかしこれも経験と思い失敗から学んでいけばよいと思います。


コメントする

このブログ記事について

このページは、ナンピン太郎が2013年2月28日 16:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「FXは失敗からも多くのことが学べます!」です。

次のブログ記事は「100円台の違和感」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.3